2009年01月15日

パウンドケーキ

焼き菓子第2弾はパウンドケーキです。
(画像をクリックすると拡大)
cake42.jpg
プレーン、フルーツ、チョコマーブル、抹茶、紫芋と、5種類作ってみました。
紫芋のパウンドケーキなんてあるんですかね?(作って言うな)
フルーツはちょっとリボンを飾ったりなんてしちゃいました、うふ。

さて次は焼き菓子第3弾、いよいよマカロンですよ。
何がいよいよかわかりませんが、何となくいよいよ感があるのですよね、マカロン。
ちっちゃな体でラーメン1杯に匹敵するお値段のものもありますからね。(ラーメンと比較すな)
思い起こせば昨年は、先日書いた生キャラメルとともに、マカロンも脚光を浴びた1年でした。
ただ生キャラメルとマカロンを比べると、某牧場の生キャラメルも庶民にはなかなか気楽に買えない結構なお値段がしますが、あれはその、何だ、お土産界の成り上がりっつか、どことなく垢抜けないというか、いやその、それはそれで味わいがあるのですけど。
それに比べてマカロン様(いつの間にか敬称が。)は、由緒正しい家柄の本物のセレブ、壊れやすいはかなげなその風情は、まさに深窓の令嬢って感じがいたします。
生キャラメルはカントリーミュージックが合いますが、マカロン様はショパンの美しいピアノの音色が聞こえてきそう。
あぁ、そんなマカロン様にいどむ私をお許しください。
(いつも以上に妄想中)


posted by ぴかり at 23:11| Comment(2) | TrackBack(0) | 町のケーキ屋さん