2009年03月24日

カルトナージュを齧ってみた

暖冬で3月なのにすっかり桜満開な今日この頃です。
さて私は、ケーキ屋さんを作り終え、そのケーキ屋さんと以前作ったパン屋さんをしまう箱を作っております。
(今はダンボール箱にぶっこんでる。)
最初は市販品で探してたんですけど、けっこう大きいのでなかなかぴったりサイズってのがないのですよね。
それならもう、いっそ作っちまおうと。

普通に長方形の箱ですから自己流でも作れるのですが、どうせなら基本にのっとってきっちりしたのを作ろうと、カルトナージュの本を買いました。

基本工作好きなんで、カルトナージュも楽しいっす。
ただフェルトと違い、布やプリントペーパーに凝りだすと結構コストがかかりそうで、ボンビー主婦の趣味には出来ないかな。

んでー、土台はとっくに完成してるのですが、田舎なもんで表に貼るおされなプリントペーパーや、スキルバテックス(皮革風紙)が手に入らず、ネットで注文してるのですが、これが音沙汰なくていつ届くかもしれず。
なんだかなぁ・・・途中で中断するとモチベーションが下がりますね。

ところで、このカルトナージュの道具に水貼りテープってのがあり、水で貼る紙テープなのですが(そのまんま)、粘着力が強く、しかも薄いので、フェルトのドールハウス作りにも使えそうです。

おー、これはいいもん見つけた!
と思ってここに書いたんだけど、もしかしたら普通に使われてるのかな?
posted by ぴかり at 20:55| Comment(4) | TrackBack(0) | 無駄話

2009年03月17日

掲載完了!

横好き別館に、ケーキ屋の画像をアップしました。
これで本当に完了です。

いやー、長かった。
11月10日に最初の記事をアップして約4ヶ月、更新回数58回、画像78枚の長い長い旅でございました。
正直言うと、出来上がりは決して良いものではありません。
完成画像からもわかりますが、フェルトの始末も雑だし、いたるところに粗が見えて、まだまだだなぁと反省です。
次に作る時は今度こそ、妥協せずに完璧を目指したい!・・・(と、今は思いますが、果たして。)

それにしても、ケーキ屋さんに限らず、飽きっぽい私が最後まで何とか完成できているのは、やはりブログという発表手段があるからなのでしょう。
時折いただくコメントは、見てくださる人がいるんだわ♪という大きな励みになってます。
更新ペースは落ちますけど、これからもどうぞよろしくお願いいたします。
posted by ぴかり at 09:38| Comment(7) | TrackBack(0) | お知らせ

2009年03月12日

金曜日の妻たちへ・・・ケーキ屋さん完成

昨日、ささいなことで妻と喧嘩した。
結婚して10年、少しずつ空気のような存在になって、それが俺には居心地が良かった。
妻の寂しさも知らずに、知ろうとせずに。

いつからだろう、子供のことばかりになって、俺たちの記念日を忘れ始めたのは。
妻が好きなこの店のケーキと、真っ赤なバラの花束を持って「ありがとう」と言うんだ。
結婚前の、一緒にいるだけでときめいた頃の二人に戻って祝おう、10回目の結婚記念日を・・・・。

cake78.jpg

久しぶりに妄想炸裂で失礼しました。
私自身は今のダンナから花束なんてしゃれたもんは、結婚前も後もまったくございませんがね。

というわけで、店外にぎやかし用のベンチとウェルカムボードと花束です。
花束は一応バラのつもりですが(白いのはかすみ草のつもり)、子供に何の花に見える?と聞きましたら「チューリップ」と。
ええーっと、確か「シクラメンの鉢植え」も「チューリップ」とおっしゃいませんでしたか?坊ちゃん。(息子にはもう聞くまい。)
ちなみにベンチの脚はつまようじです。
おかんアートの匂い、ぷんぷんですな。(;^ω^)

さて、これをもちましてケーキ屋さんの製作は終わりといたします。
天気が良くて暇なときに、レイアウトして写真撮りし、編集して横好き別館にアップしたら完了、お疲れ様、自分。

次はこのケーキ屋さんや前に作ったパン屋さんなどを入れるぴったりサイズの保存箱を作る予定なので、しばらくフェルトの更新はないと思います。
それではまた会う日まで、バハハーイ!(byケロヨン)
posted by ぴかり at 23:50| Comment(13) | TrackBack(0) | 町のケーキ屋さん

看板完了!

結局、看板ぶら下げ棒の目隠しは、こんな風にしました。
cake77.jpg
折りたたむ時に邪魔にならないように、看板の取り外しが出来ます。
(右画像)

でー、これで完成!と思ったのですが、店舗まわりがちと淋しいので、もう一つパーツを作っております。
11月から足かけ4ヶ月、季節は秋から春へと移り、ようやくゴールにあと一歩です。
posted by ぴかり at 09:18| Comment(2) | TrackBack(0) | 町のケーキ屋さん

2009年03月10日

看板つけた・・・けど。

貼り付け看板とぶら下げ看板をつけてみました。
cake74.jpg
一見問題なさそうだけど・・・

看板をぶら下げている方が重いので、こんな風に傾いちゃうのです。
cake75.jpg

そこで、昨日作ったアレ(若干デザインを変えました)ですよ。
天秤の要領でアレを棒の反対側にはめると、重さがつりあい、なおかつ飛び出た棒の目隠しにもなると言う・・・
cake76.jpg
が、これでもまだ軽いようで、やはりつりあいがとれず、どうしても看板側に傾いてしまいます。
なので、ただいまやり直し中。
目前の完成まで、なかなかたどり着けないなぁ。( ´Д`)=3
posted by ぴかり at 15:26| Comment(5) | TrackBack(0) | 町のケーキ屋さん

2009年03月09日

ハンドメイドの向き不向き

どうでもいい情報ですが、私は以前ビーズをちょこっとやったことがあります。
スワロフスキーやチェコビーズなどのキラキラきらめくビーズをつなぐと、お店で売っているような素敵なアクセサリーになってくれ(と自分では思ってた)、リングやネックレス、ピアスを次から次へと作ったものです。

そんなビーズ熱は2年くらい続いたでしょうか。
ある時期、潮が引くようにすーっと醒めてしまいました。

なぜビーズ熱が醒めたのか。
その一番の理由は、私はアクセサリーをつける習慣がないのです。
直接肌につけると軽くかぶれちゃうんですね。
あと、基本専業主婦で家でゴロゴロしていると、どうせ家にいるんだし、アクセサリーをつけるなんて面倒くさくって、ってのもあります。
作ることは好きなのですが、アクセサリー自体を身につけないし、興味もないので、色あわせやデザインがちっとも上達しないのです。(ぶっちゃけ、センスがないってことです。)
それと、ビーズはコストが結構かかっちゃうんですよねー。
ある程度やっていると、どうしても天然石に惹かれてくるのですが、こうなると材料代はガラスビーズの比じゃありません。

そんなこんなで、今では大量の半端ビーズだけが「兵どもが夢のあと」と残っているのですが、それを使ってこんなん作ってみました。

cake73.jpg

樹脂粘土のお花と天然石&淡水パール。
もちろんケーキ屋さんに使うのですが、続きはまた明日ということで。
posted by ぴかり at 23:10| Comment(5) | TrackBack(0) | 町のケーキ屋さん

2009年03月08日

看板でけた

看板できました。
cake72.jpg
上は建物に貼り付ける奴。
下はぶら下げる奴。

これ作るのね・・・死ぬほど鬱陶しかったーーーーよ!
店名のロゴ、普通のゴシック体だとまだ簡単だったのに、かっこつけて筆記体にしちゃったのが、ここにきて裏目に。(´Д⊂ヽ
フェルトだけだとキレイに切り抜けないので、紙に店名のロゴを印刷し、フェルトに両面テープで貼りました。
(印刷は当然アイロンプリント用の反転印刷です)
それでもかなり切り抜きにくくて、細かい作業で目がしゅぱしゅぱになり、しばらく焦点が合わなかった・・・やっぱ年かいのう、ズビズバー。

イマイチだけど、もう作り直さないもん!プンプン!!
↑壊れた?
posted by ぴかり at 22:18| Comment(6) | TrackBack(0) | 町のケーキ屋さん

2009年03月07日

再びレイアウト・・・完成間近だー!

どーにか屋根が完成したので、再度レイアウトして最終チェック。
(画像クリックすると拡大します)

cake71.jpg

なんか最初思い描いたのとちと違うのですが(いつもそうなんですけどね;^ω^)、でもまぁ、皆さんの応援と私の努力で(自分で言うな)なんとか完成にあと一歩までこぎつけることが出来ました。
次はお店の顔、看板作りです・・・って、ケーキ屋さんの看板ってどんななんだ?
posted by ぴかり at 19:00| Comment(6) | TrackBack(0) | 町のケーキ屋さん

2009年03月06日

屋根、作り直しぃ!

cake70.jpg
これでなんとか隙間はなくなりましたわ。( ´Д`)=3
posted by ぴかり at 23:52| Comment(5) | TrackBack(0) | 町のケーキ屋さん

2009年03月04日

余の辞書に完璧という文字はない

さて、いよいよ屋根ですよ。
寸法測って、芯の厚紙をフェルトではさみ、四角に縫えばいいんで簡単です。
テレビを横目で見つつ、チクチク周りを塗って、ほい、出来上がり、と。
建物に乗っけてと。
cake68.jpg
こんな感じになりました。
以前作った赤い屋根のパン屋さんに対抗して、緑の屋根のケーキ屋さんです。
シンプル イズ ベスト。
凝ったデザインじゃないけど、可もなく不可もなくで、まぁ、いいんじゃないでしょうか・・・・

あれ・・・

これは・・・不可があるじゃねーかい?
cake69.jpg
そう、最初の設計の時、ここに隙間が出来るから屋根を少し長めにして隠すつもりだったんだわ!!

うーん、痛恨の一撃。
簡単だと言ったって、同じものを作り直すのはやっぱりしんどい。
でも、この隙間はやっぱりそのままにしておけないしなぁ。
仕方ないわ、緑のフェルトを買ってこなくちゃ。
posted by ぴかり at 22:51| Comment(4) | TrackBack(0) | 町のケーキ屋さん

2009年03月02日

ギフト関係終了

昨日ショッピングセンターに行ったら、中に入っている手芸店に細いリボンがあったので購入し、急遽ギフトボックス・ラッピングverを作成。
cake67.jpg
例によってラッピング不得意なので、リボンを結ぶのが面倒だったが、なんとか蝶結びになってくれた。
ついでに、気に入らなかった手提げ袋とギフトボックスを作り直した。
右が作り直したもの。
画像では質感と色の違いがわかりにくいけど、前のよりは良くなっている・・・と思う、思いたい。
とりあえずギフト関係はこれでもう思い残すことはない。
(他に思い残すことは数々あれど。)

さて、そろそろ屋根を作るべか。

※ラッピングの左の包装紙は、サンワサプライペーパーミュージアム様のフリーイラストをお借りしました。
posted by ぴかり at 15:39| Comment(4) | TrackBack(0) | 町のケーキ屋さん

2009年03月01日

ギフトボックス2種&手提げ袋

キャリーボックス、ギフトボックス、手提げ袋完成。
cake65.jpg
手提げ袋はパン屋で作ったデータを流用したので簡単だったけど、箱の方は結構時間かかっちゃったよ。
小さいから1mmのズレでも組み立てるとかなり目立つので、何個もやり直すことになってしまい(作図が下手なだけだが。;^ω^)、もうしばらく箱は作りたくない気分・・・
だが・・・
cake66.jpg

正方形のギフトボックスはL判写真用紙じゃ小さかったので家の中をあさって見つけた光沢紙葉書を使ったんだけど、古かったのでかなり発色が悪く、作り直すか検討中。
手提げ袋は、100均のスーパーファイン用紙はマット系だったので、こちらも光沢用紙を買って作り直したいし、麻糸の手提げ紐も気に入らないのでやり直したいし。
つか、何でもかんでも家にあるものですませようとするから二度手間になるのだろうか。(汗)
posted by ぴかり at 08:56| Comment(4) | TrackBack(0) | 町のケーキ屋さん