2008年04月14日

図書バッグ・再び

昨年の4月に、息子の図書バッグを作り、その経緯をここに載せました。
フェルトのディアルガのアップリケが超絶的に面倒で、子供は喜んだがもう二度と作らないと誓った1年前。
その図書バッグがかなりズタボロになってしまいました。
子供の扱いが乱暴なのに加え、細かいフェルトの縫い付けのせいでへたに洗ったら更にボロボロになりそう。

というわけで、昨日夕方急遽布を買いに行き、新しく図書バッグを作ることにしました。
今回はアップリケなどつけず、義母からミシンを借りてダーッと縫うだけにしたので2時間ほどで完成。
やっぱミシンはええなぁ〜〜。
帆布を使ったんで丈夫さも◎。
汚れたらガシガシ洗えるでー!

ただ一つ問題は・・・
tosyobag2.jpg
この柄、どうなんでしょう。
一応、息子を含め家族全員気に入ってるのですが、このセンスが同級生の許容範囲かどうか。
ま、もしこの一番柄が嫌だと言い出したら、裏(一応リバーシブル)のまねきねこ柄にひっくり返せばいいかと。(いや、まねきねこも微妙だし・・・)

※製作費用:帆布490円、裏布200円、持ち手105円
posted by ぴかり at 11:19| Comment(2) | TrackBack(0) | その他
この記事へのコメント
すごい好きです!この柄〜!!
私も欲しいくらいです(笑)

私が同級生なら、息子さんはヒーロー
間違いなしです♪

お世辞じゃなくて、本当にカッコイイと思います!
Posted by ぼるしち at 2008年04月14日 11:34
最初は既製品を買おうかと思ったんですけど、この柄を見たとたん創作意欲がムクムクと湧いて思わず生地を買ってしまいました。

児童虐待と言われるかとドキドキしながらアップしましたが、カッコイイとおっしゃっていただいてホッとしております。(笑)
今のところ、いじめの対象にはなってないようです。(;^ω^)
Posted by ぴかり@一児の母 at 2008年04月15日 08:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/14004681
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック