2006年10月09日

エビフライ 1

洋食と聞いて浮かぶのは
ハンバーグ、オムライス、とんかつ、などなどであろうか。
私はとんかつよりも、エビフライをより洋食っぽく感じる。
それはきっとあのタルタルソースのせいに違いない。
タルタルソースに、ウスターソースやマヨネーズ、とんかつソースにはない欧米らしさを感じるのは私だけではあるまい。←いや、あなただけ

さて、どーでもいい話はさておき、いよいよエビフライ。
しいたけの項でちらっと書いたとおり、私の作り方はかなり面倒というか、うっとうしいというか、手間がかかるというか、そのわりに見栄えがいいかというとそれほどでもなく、苦労した相応の見返りを期待する方にはお勧めできません。
そんなエビフライ、いきます。
基本の胴体部分はウインナの作り方とほぼ同じ。
まず、長方形のフエルトを輪に巻きかがりで縫い合わせます。
大きさは・・・
っと、どっかにメモしてたけど・・・

失くしたみたいです。
縦8cm横6cmくらいだったと思いますが、自信ありません。
ウインナよりちょっと大きいくらいでいいんじゃないかな。
衣がつくので、結構大きくなるよん。

ebifly_1.jpg

輪に縫ったら、片方をなみ縫いしてしぼり、糸の始末。

ebifly_2.jpg

綿を入れてもう片方もしぼって糸の始末。
綿はウインナ同様えびぞらせますんで、少し固めに入れてね。

ebifly_3.jpg

次は尻尾。
ハート型をぐにょ〜〜と無理やり変形させてみました。
根元部分は扇型。
大きさをいくつか作って印刷。

ebifly_1.gif

で、尻尾部分(ハート変形)が4枚、根元部分(扇型)が1枚、型紙どおり切り取って

ebifly_4.jpg

尻尾部分を2枚ずつ、縫い合わせます。
(中にほんのすこぉぉぉし、綿を入れても可)
縫い合わせたら、糸でエビの模様入れ。
赤と茶色とベージュの6本取り。
はたしてこれがエビらしいのかどうか、自分でも自信ないのですけど。

ebifly_5.jpg

それから、三角の角みたいなの(型紙にはないです)と今作ったハート型の尻尾2枚を、輪に縫い合わせた扇型の根元に入れて抜けないように綴じ、本体にかがり縫いで綴じ付けます。
ここら辺、画像を撮るのを忘れてて、説明だけではすごくわかりにくいと思うけど、ニュアンスで読み取ってください。

ebifly_7.jpg

でー、こんな感じになります。

ebifly_8.jpg

エビフライ2に続く
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/1424789
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック