2008年09月26日

失敗感アリアリ

次に作った、石焼芋屋さんのパーツはこれ。
imo10.jpg
ふぅぅぅむ・・・・果たしてこれは・・・

やっちまったな。
posted by ぴかり at 10:40| Comment(4) | TrackBack(0) | 石焼芋屋さん
この記事へのコメント
こんにちは〜

お芋を焼く「まき」ですよね!
まだ火がついていないのと
火がついたものと・・・。
「まき」難しいですね〜
Posted by ぶぅふぅうー at 2008年09月26日 13:35
おぉー、ご明察、そのとおりです。
わかっていただけてうれしいわ。
なかなか絵で描くようには作れませんね。
年輪の刺繍とか入れれば少しはらしくなるのでしょうが、そこまでする価値も・・・。(;´Д`)
Posted by ぴかり@管理人 at 2008年09月26日 21:47
こんばんは。

フェールトはリアル感が難しいですね〜
その点「粘土」は色や形が自由自在でいいですよね〜〜〜と書店で本を見ていると感じます。
「まき」アクリル絵の具で少し線を
入れてみたらどうでしょうか?
他にはなかなかいい案が浮かびませんね〜
Posted by ぶぅふぅうー at 2008年09月26日 22:45
こんにちは。
>リアル感が難しいですね〜
そうなんですよね。
パンみたいに質感が似ているものだといいんですけどねぇ。まぁ、そこがフェルトの面白いところでもあるんでしょうが。
樹脂粘土はちょっと触ったことがありますが、リアル感を追求できるだけに、技術力が如実に現われるように思いました。
つまりうまい人とそうでない人の差が・・・・で、私には無理だと。(;´Д`)
アクリル絵の具で線、なるほどですね。
ただ、我が家には今絵の具がないんですよ。
(リアカーの時は夏休みで家に持ち帰っていたのです。)
シーズン終わりそうなんで、とりあえずあのまま使いますわ。(笑)
Posted by ぴかり@管理人 at 2008年09月27日 15:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/20045012
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック