2009年01月14日

失われた時を求めて

というわけで、焼き菓子第一弾のマドレーヌです。
(画像をクリックすると拡大)
cake41.jpg
シェル型のマドレーヌなんて私の子供の頃にはなかったなぁ。
タルトっぽい丸い形で、上にアーモンドスライスが2,3枚ぺらっと乗って、葬式の引出物にまるぼうろと一緒に入ってたりしました。
そんな田舎もんな私には、このシェル型のはいかにもフランス菓子ぃ〜って感じで高級そうに見えます。

さて、今回のマドレーヌ、本体よりも袋作りに若干時間がかかったかな。
裏の袋止めのシールは、家にあったラッピング用の金色シールのアルファベット部分を切り取って使っただけで、英字が違うのは別に暗号とかではありません。(誰もそんなこと思ってないか。)
posted by ぴかり at 22:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 町のケーキ屋さん
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/25515852
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック