2009年01月26日

焼き菓子ギフトセット

厳選素材で焼き上げた、当店自慢の焼き菓子セットです。
cake47.jpg
左:マカロン&パウンドケーキ 1,260円(税込)
右:フィナンシェ&ダックワーズ 840円(税込)

ちょっとした手土産にいかがでしょうか。
他にも、お好きな品を組み合わせてお箱詰めいたします。
posted by ぴかり at 21:25| Comment(4) | TrackBack(0) | 町のケーキ屋さん

2009年01月23日

ダックワーズ

ダックワーズが好きです。
パリほろもっちりの不思議な食感と、アーモンドプラリネのクリームの絶妙な組み合わせ。
飛び上がるような美味しさではないけど、一つ食べるともう一つ食べたくなります。(単に大食いなだけじゃ・・・)
そのダックワーズが実は日本出身だということを知ったのは数年前。
(ダックワーズ自体はフランス由来、小判型でクリームははさんだあのスタイルがオリジナル。)
しかも、考案者のパティシェのお店「16区」は福岡にあるのですよね。
何を隠そう何も隠しませんが、管理人も福岡在住。
そんな不思議な縁(えにし)に導かれるまま作ったダックワーズがこちら。
cake46.jpg
今回のポイントは、マカロンと違い、見えるか見えないか微妙に挟まったクリーム。
それともう一つ、外側にごくごく薄く白綿を巻いて、表面の粉砂糖を表現したのですが、例によって費用(手間)対効果は低い。(;^ω^)
posted by ぴかり at 10:17| Comment(1) | TrackBack(0) | 町のケーキ屋さん

2009年01月20日

フィナンシェで景気回復!

もう、本当に世の中不景気ザマスわねー。
せめてお菓子だけでもと作ってみました、フィナンシェ。
cake45.jpg
フィナンシェってのは「金持ち」という意味で、色・形が金塊に似ていることからのネーミングだそう。
フェルトのミニチュアフィナンシェは、どっちかつとミニチュアパウンドケーキみたくなりましたが、どうかご利益がありますように・・・。(あるのか?)
posted by ぴかり at 23:28| Comment(2) | TrackBack(0) | 町のケーキ屋さん

2009年01月18日

マカロン・・・様

マカロン様を作らせていただきました。
cake43.jpg
簡単かと思いきや、意外と面倒でしたわ。
マカロンの値段が高いのは、材料費もさることながら、何より手間隙かかるかららしいけど、ミニチュアマカロンも、他のに比べると手間かかりました。
作り方の基本は、うちのハンバーガーストラップの要領とほぼ同じ。
ただ、マカロン様のクリームは(つってもフェルトを丸く切っただけだが)ボンドで接着しているのだけど、これがきれいにくっつかない。
おかげで出来上がりは、1個1個、形と大きさが違ってボコボコになっちまいました。(汗)
やはりマカロン様は未熟な私には手にあまる存在だったのでしょうか・・・

でも大丈夫。(画像をクリックすると拡大)
cake44.jpg
「ラッピングは七難隠す」って昔からの言い伝えのとおり(嘘)、袋に入れたらなんとなくそれなりに見えるようになりました・・・よね?
ちなみにお味は、
ピンク:ストロベリー
濃ピンク:フランボワーズ
茶色:ショコラ
白:レモン
緑:ビスタチオ
でございます。
3個セットで500円ってとこでしょうか。
うーん、やっぱ高いな、マカロン様。
posted by ぴかり at 23:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 町のケーキ屋さん

2009年01月15日

パウンドケーキ

焼き菓子第2弾はパウンドケーキです。
(画像をクリックすると拡大)
cake42.jpg
プレーン、フルーツ、チョコマーブル、抹茶、紫芋と、5種類作ってみました。
紫芋のパウンドケーキなんてあるんですかね?(作って言うな)
フルーツはちょっとリボンを飾ったりなんてしちゃいました、うふ。

さて次は焼き菓子第3弾、いよいよマカロンですよ。
何がいよいよかわかりませんが、何となくいよいよ感があるのですよね、マカロン。
ちっちゃな体でラーメン1杯に匹敵するお値段のものもありますからね。(ラーメンと比較すな)
思い起こせば昨年は、先日書いた生キャラメルとともに、マカロンも脚光を浴びた1年でした。
ただ生キャラメルとマカロンを比べると、某牧場の生キャラメルも庶民にはなかなか気楽に買えない結構なお値段がしますが、あれはその、何だ、お土産界の成り上がりっつか、どことなく垢抜けないというか、いやその、それはそれで味わいがあるのですけど。
それに比べてマカロン様(いつの間にか敬称が。)は、由緒正しい家柄の本物のセレブ、壊れやすいはかなげなその風情は、まさに深窓の令嬢って感じがいたします。
生キャラメルはカントリーミュージックが合いますが、マカロン様はショパンの美しいピアノの音色が聞こえてきそう。
あぁ、そんなマカロン様にいどむ私をお許しください。
(いつも以上に妄想中)


posted by ぴかり at 23:11| Comment(2) | TrackBack(0) | 町のケーキ屋さん